前田青邨「水辺春暖」セリグラフ

春の穏やかな陽射しの中、水辺に鳥々が遊んでいる。遠目に見ると水辺の青が際立って目を惹きつける。近くに寄れば、木々に止まった鳥たちが枝の合間に見えてくる。近くからと離れてからとで絵の楽しみ方が違う。そして大樹の枝のなんとも大胆な構図。青邨であればこそ、それら全てをまとめ込んでいる。原画所蔵:大松コレクション

技法 セリグラフ
画寸 60.5 × 42.0 cm
版数 28版31色
限定部数 150
承認 平山郁夫監修
在庫あり
前田青邨作品「水辺春暖」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、前田青邨作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

前田青邨について

二度の大戦をまたぎつつ日本美術界を牽引してきた巨匠。玉堂の後を継ぎ、皇室で絵の指導をするなど、その存在の大きさが伺える。武者絵、花鳥など主題は多岐に渡り、作風も写実的なものからコミカライズされたものと幅広い。日本画の伝統に裏打ちされた確かな技術に加え、大胆な構図など流石だと唸らせる。己の画業だけでなく、多くの後進の育成にも非常に精力的だった。

前田青邨の略歴