上村淳之「雁金」sシルクスクリーン

技法 シルクスクリーン
画寸 60.6 × 43.0 cm
額寸 83.6 × 65.5 cm
制作年 1999年
限定部数 280
サイン 本人サイン
売却済
上村淳之作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

上村淳之について

上村松篁の長男として京都に生まれる。京都市立美術大学に学ぶ。1995年、日本芸術院賞受賞。東洋独自の絵画表現を模索しながら花鳥画の新しい展開を求めて研鑽を重ねている。日本芸術院会員。京都市立芸術大学名誉教授。創画会会員。京都市学校歴史博物館館長。2013年 文化功労者として顕彰をうける。公益財団法人 松伯美術館 館長

上村淳之の略歴