石踊達哉「梅」s日本画

技法 日本画
画寸 SM(15.8 × 22.7 cm)
額寸 36.5 × 43.5 cm
サイン 共シール
売却済
石踊達哉作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

石踊達哉について

平成の「琳派継承者」として呼ばれ、特に繊細な線描と華麗な色彩、構成力など花鳥風月は石踊達哉ならではの表現。近年の作品としては京都・金閣寺の杉戸絵、また客殿にも天井画を制作。最近では三十三間堂本坊、妙法院門跡 障壁画を完成している。日本のみならず国際的にも認められ活躍中。現世代を代表する日本人作家です。

石踊達哉の略歴