前のページに戻る
長谷川潔「ル・ブルージュ空港 ステート版」sポアントセッシュ

パリで最初、そしてフランスで最初の本格的空港として、パリ郊外北方のセーヌ=サン=ドニ県のル・ブルジェに1919年に開港した。
その後1932年にパリの南方にオルリー空港が開港するまでの間、パリで唯一の国際空港として、SGTAやエール・オリアン、アエロポスタル航空などのフランスの航空会社のハブ空港として機能するほか、ヨーロッパ各国から多くの航空会社が乗り入れていた。
1927年にアメリカ人のチャールズ・リンドバーグが世界初の大西洋無着陸横断飛行を行ったときに着陸した事で知られている。

技法 ポアント・セッシュ
画寸 18.4 × 28.8 cm
額寸 50.3 × 60.3 cm
制作年 1930年
限定部数 35
サイン 本人サイン
在庫あり
長谷川潔作品「ル・ブルージュ空港」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、長谷川潔作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

長谷川潔について

大正・昭和期に活躍した日本の版画家。1918年(大正7年)にフランスへ渡り、様々な銅版画の技法を習熟。特にメゾチント(マニエール・ノワールとも)と呼ばれる古い版画技法を復活させ、独自の様式として確立させたことで有名。渡仏して以来、数々の勲章・賞を受けたが、一度も帰国せずにパリで没した。

長谷川潔の略歴