堂本尚郎「無題」sリトグラフ

技法 リトグラフ
画寸 55.0 × 75.0 cm
額寸 75.0 × 95.0 cm
制作年 1991年
限定部数 80
サイン 本人サイン
在庫あり
堂本尚郎作品「無題」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、堂本尚郎作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

堂本尚郎について

伯父の印象をはじめ、芸術家一族の中で育ちました。京都市立美術工芸学校で日本画を学び、在学中から日展に入選し将来を嘱望されました。1952年、印象に同行して初めてヨーロッパに旅行、閉鎖的な日本画壇にあきたらず海外に目を向けます。55年、渡仏して洋画に転じ、アンフォルメルの運動に身を投じます。パリのスタドラー画廊で初個展をひらき成功を収めました。激しく左右に振れる筆触で、横長の画面を覆う作品を制作しました。60年代前半にはアンフォルメルを離れ、車の轍の跡や鎧戸を連想させる厚塗りの「連続の溶解」シリーズを手がけます。70年代には、円形が繰り返し用いられ、天体と関連する作品名を与えられた作品群が制作されます。80年代以降は、様々な色のアクリルを用いて連続するS字状が画面全体に広がる、薄塗りの「連鎖反応」シリーズが生み出されました。2000年代以後は、絵具をたらしこむモノクローム作品を手がけています。

堂本尚郎の略歴