小倉遊亀「白椿と紅梅」シルクスクリーン

技法 シルクスクリーン
画寸 37.2 × 44.5 cm
額寸 59.4 × 66.9 cm
制作年 1993年
限定部数 200
予約中
小倉遊亀作品「白椿と紅梅」のお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。 お気軽にお尋ねください。
また、小倉遊亀作品の買い取りも承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

小倉遊亀について

安田靫彦に師事し、日本美術院に属する画家として活躍、女性として初の日本美術院理事長になるなど、まさに女性日本画家のトップと呼ぶべき優れた画家です。およそ80年の画業の中で同時代の女性像や静物を、力強い構成と鮮やかな色彩で生き生きと描きだしました。また105歳の没年まで絵筆を執り続けたその生き方は、多くの人々に感銘を与えました。

小倉遊亀の略歴