前のページに戻る
マルク・シャガール「オルフェウス M.628」sリトグラフ

ギリシア神話に登場する吟遊詩人であり、古代に隆盛した密儀教であるオルペウス教の始祖とされる。
日本語では、オルフェウス、時にフランス語での発音の影響から、オルフェとも表記される。
アポロンとカリオペの息子。父アポロンから竪琴をもらい、名手となる。人間だけでなく、動物をも魅了するほど美しい音を奏でた。

技法 リトグラフ
画寸 27.7 × 43.3 cm
額寸 64.3 × 78.0 cm
レゾネNo. M.628
制作年 1971年
限定部数 50
サイン 本人サイン
売却済
シャガール作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

シャガールについて

「色彩の魔術師」といわれる豊麗な色、空中を浮遊する超現実的幻想、詩情などで独自の世界を展開。 銅板、リトグラフによる多数の挿画本、版画を制作。世界画壇の最高峰として市場人気が高い。

シャガールの略歴