前のページに戻る
ジョルジュ・ルオー「十字架上のキリスト」sカラー銅版画2

技法 エッチング アクアチント
画寸 65.0 × 49.8 cm
額寸 115.0 × 93.5 cm
レゾネNo. CHAPON & ROUAULT 286 c
制作年 1936年
限定部数 175
サイン 本人サイン
工房 Roger Lacourière, Paris
売却済
ジョルジュ・ルオー作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

ジョルジュ・ルオーについて

ジョルジュ・ルオー(1871-1958 フランス)は、ステンドグラス職人のもとで働き始めた後、本格的な絵画を志し、象徴主義の画家ギュスターヴ・モローに師事しました。門下には、マティスやマルケなどのフォーヴィストたちが育ち、彼らの活動に刺激を受けながらも、ルオー自らはキリストの受難や聖書の場面をマチエールにこだわって描き、道化師やサーカスの人物たちをテーマに取り上げ、独自の世界を築いていきます。  ルオーの作品は、早くから日本でも紹介され、現在にいたるまで多くの人々の心をとらえてきました。本国以外でこれほどルオーを愛し、 その作品を大切にしてきた国はないといえるでしょう。これまで国内に複数の優れたルオー・コレクションが形成されてきたことも、この 画家が日本人に心から受け入れられてきた興味深い証といえます。画商ヴォラールの勧めもあって版画も多数制作しました。

ジョルジュ・ルオーの略歴