リー・ウーハン「desert ginza」sドライポイント

リー・ウーハン「desert ginza」sドライポイント リー・ウーハン「desert ginza」銅版画2s
技法 ドライポイント エッチング
画寸 32.4 × 45.6 cm
額寸 56.5 × 74.8 cm
制作年 1999年
限定部数 100
サイン 本人サイン
売却済
李禹煥作品の買い取りを承っております。ご売却のご相談はお電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

李禹煥について

大韓民国に生まれ、日本を拠点に世界的に活動している美術家。日本の現代美術の大きな動向である「もの派」を理論的に主導したことで有名である。直島に安藤忠雄とのコラボレーションによる李禹煥美術館が開館。ヴェルサイユ宮殿で特別展を開催した。多摩美術大学名誉教授。

李禹煥の略歴